整骨・整体の広報

整骨・整体の広報では、整体や整骨の最新情報や豆知識などを掲載していきます

インターネットと向き合う「姿勢」が要です

   

近年、急激な速さで世の中に浸透していったインターネット。家庭におけるパソコンの普及率もそれと比例し、いまやスマートホンでもネットができる時代です。自宅や会社ではもちろん、移動時間でさえも小さな画面を夢中になって覗き込む人をたくさん見かけます。このインターネットの波及と比例して肩こりに悩む人が増えています。

肩こりは、筋肉の緊張から血流が悪くなることで、乳酸という疲労物質が溜まり、重さや痛みを感じる症状です。同じ姿勢での長時間作業することで肩に負担がかかり、ディスプレイを見続けることでの眼精疲労から、いつの間にか慢性的な肩こりへと結びついていきます。

その原因として、まずパソコンやスマートホンを見る姿勢の悪さが挙げられます。パソコンに向かう時の正しい姿勢は、水平視線よりやや下に画面を設置し、40cmほど距離を取るのが望ましいとされています。しかし、パソコンやスマートホンの画面に対して、恐らく多くの人が俯き気味の体勢になっているのではないでしょうか。人の頭の重さは体重50kgの人で約5kgもあります。前傾姿勢になると首のカーブが失われ、首や肩への負担がかかることになります。

肩こりを放置していると、手足の痺れや頭痛、吐き気など、悪化の一途をたどることになります。時間を決めて休憩を入れるようにしたり、自宅では湯船につかりストレッチをしたり、常日頃から自分でケアしていくなど、痛みが慢性化しない努力をすることが肝心です。

また、新板橋の整骨院「みやけ+整骨院」に行ってみるというのもいかがでしょうか。徒歩30秒のところにある病院とも連携しており、様々な専門的な治療を受けることができます。肩こりを根本的に治したいとお考えの方は、予約も不要ですのでお気軽に受診しに行ってみてはどうでしょうか。

 - 整骨の広報