整骨・整体の広報

整骨・整体の広報では、整体や整骨の最新情報や豆知識などを掲載していきます

交通事故治療について

   

もし交通事故にあってしまった場合、怪我をしていれば治療の必要があります。治療には通常、病院に行くことになります。

交通事故の怪我の治療は、加害者がいれば払ってもらうこともありますし、もし保険に入っていれば、保険会社に請求することもできます。

しかし交通事故の状況によりますが、加害者がいるのか、保険が適用されるのか、まだ判断ができない時は、その場は自分で治療の料金を支払います。

そのあとで、治療の費用を請求することになります。病院側から保険会社へ手続きをすることもあるそうですし、警察へ連絡するということもあります。

ただ警察がすることは主に加害者が刑事裁判を受ける必要があるか調べることです。しかしその時に作る警察の資料があとで役に立つことがあります。警察の調べがある時は診断書があると便利だとも言われています。

被害者が請求する料金の具体的な内容は、専門家でないと分からない場合があります。その場合は弁護士に相談することがあります。その弁護士を介して加害者や保険会社との間で交渉がされたりします。

こうした交渉があることを考えると、事故にあってからすぐに病院に行くことが必要です。事故での怪我の状態によっては軽症だったり、病院に行くのは後回しにすることがありますが、事故から病院に行くまで期間が空くと、保険会社の方で本当に事故と関係があるのかという話になります。

病院で一通りの検査を済ませたら、整骨院に行きましょう。病院では検査と湿布などの処方はしてくれますが、痛みを和らげ、症状を改善する治療は基本的には行ってくれません。

国家資格である柔道整復師のいる整骨院で、電気と手技による治療を受ければ回復を早めることができます。

東大阪市の交通事故治療のように、鍼灸も取り入れていると急性期にも効果的な治療が可能なのでおすすめです。

 - 整骨の広報