からだの情報お届け便

からだの情報お届け便では整体や整骨をはじめ、さまざまな最新情報や豆知識などを掲載していきます

口内炎

   

原因

口内炎の中で多いのが、ストレスや疲労により免疫力が低下してできる「アフタ性口内炎」ですが、はっきりとした原因はわかっていません。栄養バランスの乱れ、睡眠時間の不足なども、アフタ性口内炎ができる原因となります。アフタ性の口内炎は一般的に10日程度で治癒しますが、なかなか治らない場合は、アフタ性口内炎ではなく、別の病気である可能性もあります。もしたら腫瘍の可能性もあります。口内炎が長期的に消えない、または何度も繰り返すという場合には、病院で診てもらうのがオススメです。
カタル性口内炎というのもあります。カタル性口内炎とは、外傷や熱傷などによりできる口内炎です。頬の内側を噛んでしまった場合、合わない被せ物・入れ歯や矯正装置が粘膜に触れてできた傷や、熱・薬品などによる刺激などが原因でなります。被せ物や入れ歯が合っていない場合は調整、もしくは新しく作りなおします。
ウイルス性口内炎というのもあり、、カンジタ菌や単純性ヘルペスウイルスなどがあります。ウイルス性口内炎は、粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます、他の口内炎に比べて痛みが強く、発熱や倦怠感を伴う場合があります。
ウイルス性口内炎ができると、食事を摂取することが困難になりますので、水分摂取をしっかり行うことが必要となります。原因となるウイルスや細菌により治療法は異なりますが、異常が疑われる場合には、重篤化する前に歯科を受診するのが得策です。

品川区で歯医者を営んでいます

治療

疲労や栄養バランスが崩れたことが原因でできた口内炎は、休養を取ったり、栄養バランスを整えたりすることで、自然に消える場合があります。しかし、長期的に続く場合(10日以上)や広範囲で発生している場合、発熱などの全身症状を伴っている場合などには、病院を受診することがオススメです。また、痛みが強くて食事ができないなど、生活に支障が出ている場合にも、無理せずに医療機関を受診する方が良いとされます。
口内炎は、歯科・口腔外科、または耳鼻科を受診します。子供の場合は、かかりつけの小児科で診てもらうのも良いです。
主な口内炎治療には、薬物療法・レーザー治療などがあります。薬を使って口内炎を改善するには、口内炎の原因に合った薬を使用することが大切です。これが薬物治療です。殺菌・消毒効果、抗炎症作用のある市販薬(軟膏・シール・飲み薬など)も販売されているので、使用することで効果的に改善することも可能でしょう。ウイルス性口内炎では、原因となっているウイルスに効く抗ウイルス薬を使用します。
殺菌・消炎鎮痛・組織の活性化などの効果があるレーザーを使用します。これにより痛みが軽減され、治癒を早める効果があるとされています。

 - 整骨の広報