整骨・整体の広報

整骨・整体の広報では、整体や整骨の最新情報や豆知識などを掲載していきます

接骨院に行くのはどういうとき?

      2017/11/29

先ず、接骨院とはどういうところでしょうか。街の中でもよく看板を見かけますが、よくわからない人も多いと思います。

接骨院では柔道整復師という国家資格を持った人が施術をします。柔道整復師は、骨折。脱臼、捻挫、打撲などの治療の専門家で、専門学校や大学で専門知識を学んだ上で、国家試験に合格した人が名乗ることができます。柔道整復師には、整形外科でリハビリを行ったり、スポーツ、介護の施設で働く人もいますが、健康保険を適用して接骨院を開業することができます。

私たちは、骨や筋肉に痛みがある場合、整形外科に行くことが多いと思います。整形外科では、医師が診療を行いますので、レントゲン検査や、投薬、手術などを行うことができます。

整形外科とは、どのように使い分けるのがいいのでしょうか。異常があっても、原因がはっきりしない場合には、整形外科に行くのがいいでしょう。現れている症状の陰に思わぬ病気や、別の原因が隠れていることもあるからです。

一方で、捻挫や骨折、脱臼、ぎっくり腰などの痛みの原因がはっきりしている場合には、整骨院での施術が有効な場合が多くあります。医師の治療が、痛み止めのための投薬や湿布薬をだされるだけということもありますが、根本的な症状改善には整骨院での施術が適しているでしょう。

福岡大学生の方に評判の整骨院は、特に交通事故後の治療が得意で、これまで多くの学生を診療してきました。事故に関して提携している弁護士もいらっしゃるので、事故後の手続きなどもお願い出来る、ありがたい整骨院です。

 - 接骨の広報