整骨・整体の広報

整骨・整体の広報では、整体や整骨の最新情報や豆知識などを掲載していきます

整骨院とは?歴史や治療範囲、整形外科との違いなど解説していきます

   

整骨院の歴史

整骨院は、柔道整復師という国家資格を有した者が日本の伝統医学の一つである柔道整復術を行う施設です。柔道整復術という言葉は普段は聞きなれないと思いますが、歴史は古く江戸時代にまでさかのぼります。
柔道には相手を倒す「殺法」と、対戦相手、味方関係なく骨折や脱臼などの負傷者を助ける「活法」というものがあります。このうち「活法」が発展し、現代まで伝えられたのが柔道整復術となっています。
昔から柔道場の隣に整骨院が多いのは、道場主が柔術とともに柔道整復術も身につけており、道場と整骨院を一緒に経営していることが多いからなんですね。
ちなみに、整骨院と接骨院の違いは何かあるのか?と疑問に思っている方も多いと思いますが、名称が違うだけで、やっていることは一緒だと思っていただいて大丈夫です。

整骨院で治療できるもの

整骨院で治療できるのは、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)です。このうち、骨折と脱臼は応急手当を除き医師の同意が必要となります。応急手当というのは、折れた骨、脱臼した関節を元の位置に戻す「整復」、戻した骨、関節が動かないように包帯を巻く「固定」になります。整骨院を「保険がきく安いマッサージ屋」と捉えている方は多いのでしょうか?しかし、上記の5つの負傷以外では保険は使えません。
仕事、家事の疲れ、慢性的な肩こり、腰痛、以前負傷した後遺症の治療などでは保険適応外になりますので注意してください。
ただ、保険治療とともに慢性症状を自費で治療している整骨院も現在では多いです。自費にはなりますが、慢性的な身体の痛みに悩んでいる方も整骨院に相談してみるとよいでしょう。

整骨院と整形外科の違い

整骨院と整形外科の違いを簡単に説明すると、整形外科は診断する所、整骨院は治療(施術)する所と言えば分かりやすいでしょうか。
柔道整復師はお医者さんではないので、レントゲンやMRIを撮ったり、投薬、注射、手術はできません。骨や関節を「整復」「固定」によって正常な位置に戻し、温める、冷やす、手技によって損傷した組織を人間が元々持っている自然治癒力を高めることで治療していきます。
整骨院の現場にいると「整形外科は全然触ってもくれない」と言う声をよく聞きますが、そもそもの役割が違うのです。
ちなみに整骨院にて施術を受けながら、同時に整形外科にも通院する「重複受診」では、整骨院側の保険が使えなくなるので注意してください。整骨院に通いながら、整形でも診てもらう場合は、整骨院の人とよく相談してからにしましょう。

徳島で盛況な整骨院

 - 整骨の広報