整骨・整体の広報

整骨・整体の広報では、整体や整骨の最新情報や豆知識などを掲載していきます

整骨院と整体院の違い

      2017/11/13

★整骨院
定められた教育制度の中で基礎医学、専門知識・技術、関係法規を学び、
国家試験に合格し厚生労働大臣から「柔道整復師免許」を与えられた専門家による 捻挫、打撲、挫傷(筋・腱の損傷)骨折、脱臼などの施術をするところです。
「治療施設」ですので、保健所に開設届けを提出し、認可を受けなければ開業することはできません。
厚生労働省(国)が認めた医療機関という事です。
健康保険の適用が認められています。

★整体院
整体院の施術では、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)などの、関節に対する施術を受けることが出来ます。
補助道具や手足を使って施術を行うところで、体全体の骨格や関節の歪みやズレの矯正、骨格筋の調整などの、日頃の不調を改善する特徴があります。
健康保険の適応は認められていません。

★資格
整骨院と整体院の大きな違いは、施術者が資格を持っているか持っていないかということです。
整骨院(接骨院)では、「柔道整復師」という国家資格を取得する必要があります。
整体院を開業するには、国家資格を取得する必要がありません。
そのため、資格を持っていなくても、税務署に届けさえすれば、整体院は開業することが出来るのです。
一般的には身体の知識や技術を身につけるために、専門学校に通って民間資格を取得される方が多いです。

★Recommend
羽村市の接骨院「まろん鍼灸接骨院」

 - 接骨の広報