整骨・整体の広報

整骨・整体の広報では、整体や整骨の最新情報や豆知識などを掲載していきます

最近イライラすることが多い…もしかしたら自律神経症状かも?

   

自立神経症状にはイライラするという症状が多い

循環器や消化器、呼吸器などの活動を調節するために働く自律神経は、交感神経と副交感神経の2つによって身体のあらゆるバランスを支えています。そんな自律神経に生じる自律神経症状は、自律神経の働きがうまくいかないことで身体に様々な不調を感じられるようになってきます。
特に一番初めに来る症状として多いのはイライラです。自律神経症状には体の変化だけではなく、精神的に変化を与えてくるものです。ストレス解消法を実践してもなかなかイライラ治まらず、不安感や疎外感、落ち込みを感じたり、やる気が出ないなどの精神や感情に変化を感じたら、自律神経症状への疑いを持ちましょう。

自律神経症状には多くの症状がある

自律神経症状を抱えている患者は自律神経失調症と呼ばれていて、自律神経のバランスが崩れることにより全身のあらゆる器官のコントロールが効かなくなり、様々な症状が出てきます。頭痛やのぼせ、起立性低血圧、耳鳴り、息苦しさ、動悸、胸痛、めまい、肩コリ、背中の痛み、食欲不振、頻尿、便秘、下痢、冷え、むくみ、しびれ、微熱、倦怠感など数多くの変化を身体に引き起こしてしまうのです。
しかし、これらは自律神経症状として体を蝕んでいるという可能性もあれば、そうではないこともあります。上記の症状によって自律神経失調症だと思いこみ放置してしまったことで、大きな病気の発見が遅れたという方も実際にいらっしゃいます。自律神経失調症はストレスを抱えてしまう重大な病気でもありますが、それ以上に悪影響を及ぼす病気を見逃さないために、自分だけで自律神経症状だと決め付けないようにしましょう。

honehonehone.com

自律神経失調症となる原因

自律神経失調症を引き起こす原因には様々なものがあります。生活リズムの乱れや過度なストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因があり、複雑に絡み合いながら自律神経のバランスを崩していきます。特にストレスに弱い体質の人は自律神経失調症になりやすいと言われています。
子どもの頃からすぐに吐いたり下痢になってしまったり、生まれつき自律神経が過敏だと自律神経のバランスは乱れやすいです。また、感情処理がうまくできず気持ちの切り替えができない人や、他人の評価を気にしてしまう人も要注意で、体は疲れていると感じていなくても自律神経失調症の危険性が多く潜んでいます。自律神経失調症に身体の危険アラームを妨害されないためにも、日頃からライフスタイルの見直しを考え、ストレスのない生活や生活リズムの乱れに注意しましょう。

 - 整骨の広報