からだの情報お届け便

からだの情報お届け便では整体や整骨をはじめ、さまざまな最新情報や豆知識などを掲載していきます

歯医者で保険外治療を薦められる場合

   

痛みを軽減するなど、保険外治療がおすすめのケースも

歯医者さんの治療は、虫歯の治療など、多くの治療が健康保険の適用となります。
しかし、治療の内容によっては一般歯科の治療でも、健康保険適用外の治療を薦められるというケースがあります。
当然、治療にかかる費用は割高になってしまいますが、保険外の治療を薦められる理由は様々です。

多く考えられるケースが、痛みを軽減するための治療や器具です。
麻酔は多くの場合、健康保険の範囲内で行ってもらうことができますが、痛みに弱い患者向けに麻酔のステップを追加する場合など、保険外となってしまうこともあります。
保険適用外の治療を薦められる場合、医師からそのことについて患者さんに提案があり、保険外の治療であることも説明されるはずです。
よく説明を聞き、保険外治療を使って痛みを軽減するかどうか検討してみてください。

なぜ必要なのか、しっかり質問すること

歯医者さんの保険外治療を検討する際、最も大切なことは、担当医の方になぜその治療が必要なのか、しっかり理由を質問することです。
ほとんどの良心的な歯医者さんは、患者さんのために一番良いと思った治療方法を提案してくれます。
しかし、保険外の治療を行えば、それだけ歯医者さんに収入が入り、クリニック側が得をすることも否定できません。
儲けを重視し、本来は必要性が高くない保険外治療を薦めるという事例も、残念ながら見受けられます。
専門知識のない患者側としては、治療の必要性について、しっかり医師に説明を求め、納得した上で治療を受けるようにしたいですね。

詰め物に関しては保険外が必ず優れるとは限らない

歯医者さんの保険外治療で、特に気を付けたいのが詰め物に関する治療です。
詰め物は基本的に保険が適用されるのですが、セラミックなどの素材のものは、保険適用外になってしまいます。
セラミックには金属アレルギーの方でも心配いらない、金属よりも自然な色合いに仕上げられるなどいろいろなメリットがありますが、耐衝撃性などのデメリットもあります。
治療費用も保険外となるため高いのですが、かといって、寿命が金属に比べて圧倒的に長いというわけでもありません。
歯医者さんに詰め物・被せ物についてセラミックを薦められる可能性もありますが、他の素材との比較や、なぜ自分の歯にセラミックがいいのか、相談してみるのがいいですね。
セラミックの中でも、特に品質が高く高価なセラミックも登場しています。
品質が高いことは間違いなくても、当然費用は通常のセラミックよりも割高になるので、こういった情報も、よく比較検討しましょう。

綾瀬で評判が良い歯科医院と言えばアーチ歯科です

 - 整骨の広報