からだの情報お届け便

からだの情報お届け便では整体や整骨をはじめ、さまざまな最新情報や豆知識などを掲載していきます

歯医者で気になる痛みや恐怖について

   

痛覚以外にも原因がある歯医者の怖さ

歯医者さんに行きたくない、行けない原因として、痛さや恐怖というものがあります。
子どもだけでなく、成人の方でも歯医者さんに痛みや恐怖といったイメージを抱くのは当たり前のことで、決して恥ずかしいものではありません。
しかし、痛みや恐怖が原因で、歯の治療がおろそかになってしまうのは、健康上大きな問題となってしまいますね。

実は、歯医者さんの痛みや恐怖は、いろいろな原因によって増幅されることがあります。
歯医者さんの歯を削るドリルの音が緊張感・恐怖感を高める原因となりますし、前の歯医者さんの治療で痛い思いをしたという経験も、恐怖や緊張につながります。
麻酔で具合が悪くなってしまうという方も、こういった不安や緊張が背景にあることは少なくありません。
人によって、不安・緊張を感じやすさに差があり、人によっては歯医者さんでパニック障害のような症状を起こすこともあるほどです。
直接的な痛覚はそれほど高くなくても、「歯医者さん」という存在やイメージで痛さや恐怖が強くなってしまうこともあり、歯医者さんも麻酔以外で患者の痛みを軽減するいろいろな工夫をしています。

歯医者が工夫する、痛み軽減の方法

歯医者さんでは、いろいろな方法で患者の痛みを軽減するための取り組みを行っています。
代表的なものが麻酔の工夫で、基本的には細い針を使えば使うほど、患者さんの感じる麻酔の際の痛みは少なくなります。
また、本麻酔の前にスプレーなどで予備麻酔を行うことも、麻酔の痛みを軽減することにつながります。
「無痛治療」を掲げている歯医者さんでは、静脈鎮静法を使い、点滴で患者さんの意識を低下させ、痛みを軽減する方法などがとられます。
料金は通常の歯科治療よりも割高になってしまいますが、痛みが苦手で歯医者さんの治療が辛いという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

信頼できる歯医者で治療してもらうことも大切

先述したように、歯医者さんで感じる痛みや恐怖は、患者の不安や緊張と大きな関係があります。
そのため、歯医者さんが信頼できる医師であり、事前に不安などを相談できることが、痛みの軽減に役立つことがあります。
痛みに弱い方、緊張しやすい方は、そのことを問診の時点で、事前に歯医者さんに伝えるだけでも、かなり違いが出てくることもありますよ。
歯医者さんが患者さんの痛みに配慮し、いろいろな声掛けなどをしてくれることで、安心感や信頼感ができ、痛みや恐怖心が少なく済めば、それに越したことはありません。

アイリス歯科は北赤羽で人気がある歯科医院です

 - 整骨の広報